九十九島夕景

「潮幸の宿はな一」から見える九十九島

「潮幸の宿 はな一」は、九十九島が眼下に一望できる西九州唯一の離れ戸建宿。
レストランや広場などあらゆるところからも景観を楽しむことができます。

佐世保バーガーや鯛しゃぶ、海軍さんのビーフシチューや、入港ぜんざいなど、
佐世保名物料理を景色とともにご堪能いただけます。

夕日を眺めながら離れの宿でゆったりとした贅沢なひとときをお過ごしください。

九十九島の由来

九十九島(くじゅうくしま)は、長崎県の佐世保市から平戸市にかけての北松浦半島西岸に連なるリアス式海岸の群島です。この全域が西海国立公園に指定されています。 また島の総数は現在公式では208とされていますが、これは佐世保市等による九十九島の数調査研究会の調査によるものです。島の定義等により異説もありますが現在一般的に208と認識されています。 オジカ瀬は九十九島の中でも特に人気の島。子供達からバイキンマンの基地とも言われています。 またこの近所ではハリウッド映画ラストサムライのロケ地にもなり大変人気となっています。 この魚見展望所でも映画、サスペンスドラマ、観光番組の撮影場所としても人気スポットです。